ケノンは毛周期を知って効果的に使いましょう

毛が生え変わるサイクルとして「毛周期」というのがあります。
皮膚の下でこれから生えようと待機している毛や、もうすでにムダ毛として生えてきている毛、そして自然と抜け落ちる時期に来ている毛など、様々な状態の毛がこの「毛周期」にしたがって生え変わりのサイクルを刻んでいるんです。

 

体の皮膚に見えて生えている毛は、全体の3分の1とも言われていて、ほとんどの毛がこれから生まれてくる準備をしている段階なんです。
頭の髪の毛が一番「毛周期」が長く3〜4年で生え変わりますが、10日前後で3〜4o伸びるとも言われており、1日に50本前後が自然に抜けるなんて言われているんです。

 

この「毛周期」は休止期 ⇒ 成長前期 ⇒ 成長後期 ⇒ 退行期の4段階あり、ケノンでの脱毛が効果的に働くのは、成長期の状態にある毛に光脱毛を行うことなんです。

 

ここで、各部位の毛周期についてちょっと見てみましょう

 

各部位の毛周期と再生速度


眉毛・まつ毛は一日で約0.18oの成長、生え変わりスピードは約2ヶ月。アゴも成長スピードが速く生え変わりは約2ヶ月

 


1日に0.3〜0.4oの成長、成長期がとてもながく約4ヶ月で1度抜けてしまった毛が生えてきます。1日に50本前後の毛が抜けていると言われています。

 

ワキノ下
1日に約0.3o程度成長、抜けた毛が生え変わりは約4ヶ月でおこります。

 

手脚
成長期間は約3ヶ月〜半年と言われています。

 

ビキニライン
1日に伸びる長さは約0.2o、生え変わりは約4ヶ月程度。

 

ケノンの使用が2週間に1回と言われている理由

ケノンは2週間に1回使用することを推奨されていますが、これには「毛周期」と密接な関わりがあります。
脱毛出来る期間は「毛周期」の成長期であることは説明しましたが、この成長期にある毛は全身の約20%と言われているのです。
単純計算になりますが、1回に脱毛効果が実感できる成長期になる毛が全体の20%ならば、100%にするのに5回必要となります。
要するに、一箇所脱毛するのに10週間は最低必要になるということです。

 

でも、エステなんかは2ヶ月に一回が推奨されていると思った人もいるかも知れませんが、基本的に業務用脱毛器は出力が強いのと、毛の周期が部位によってバラバラでもどうせなら全身ツルツルに綺麗にしたいと思っている利用者が多い為に、全身にある程度対応できる期間として「2ヶ月」に一回を推奨しているのです。

 

集中的に1ヶ所のみを脱毛するのでしたら、毛周期に合わせて来店期間を設定した方が脱毛には有効なのです。

 

ケノンは、家庭用脱毛器としては最高レベルの脱毛出力を持っていますが、業務用脱毛器に比べると法律の関係上出力が弱いので、全身に対応できる毛周期として2週間に1回の脱毛を推奨しているのでしょう。

 

ケノンを使って効果的に脱毛したい場合は、いくら脱毛を早くしたいと思って毎日行ってもあまり効果が期待できませんので、焦る気持ちを抑えて2週間に1回行うようにして下さい。

 

効果を早めたいのでしたら、脱毛回数を増やすではなく、脱毛時の出力を上げる方が効果的といえるでしょう。
もちろん、施術前のアイシングと施術後の保湿をして肌へのダメージを軽減させることを忘れないで下さいね。

 

「ケノンをお得に購入する為にはどうしたら良いのか?」とお考えでしたら、トップページから詳細を確認にしてみて下さい。
楽天などのケノンの購入先を徹底的に比較してますので、きっと悩み解決に役に立ちます。