レーザー脱毛と光脱毛の違いを知っておこう

レーザー脱毛

脱毛を行う場合、脱毛サロンや医療クリニックなど専門機関で脱毛を受けることができます。各専門店によって脱毛の種類は色々とありますが、現在の日本で主流となっている脱毛方法は、レーザー脱毛と光脱毛の2種類となります。

 

レーザー脱毛を行う為には国家資格を持つ医師が必要になりますので、レーザー脱毛は、医療機関やクリニックなどで行うことができます。
医師がいない脱毛サロンやエステで行っている脱毛は、光脱毛(フラッシュ脱毛・IPL脱毛)が主流となります。

 

脱毛の種類として、フラッシュ脱毛やIPL脱毛という脱毛方法を目にすることも多いと思いますが、共に光を使った脱毛方法になりますので光脱毛というカテゴリーとなりますので混同しないようにしましょう。

 

ここまで読むとレーザー脱毛と光脱毛の違いが何となく想像できたのではないでしょうか。

 

  • レーザー脱毛を行うには国家資格が必要。
  • 光脱毛を行うには特に資格は必要なし。

 

ということは、医療レーザー脱毛は光脱毛よりも出力が強く、しっかりと資格を持っている人が施術か管理していないと重大事故の恐れが強いということになります。
素人が高出力のレーザー脱毛を行うと、肌を焼いてしまい肌トラブルを起こしてしまう可能性が非常に高いということです。

 

レーザー脱毛は、脱毛の出力が強いので、痛みが強く通うのが嫌になったなんて言う人がいるレベルです。
国家資格を持った専門家が行ってますので、肌トラブルにならないように慎重い施術されますので、光脱毛と比べると効果は見込めますが費用が高く施術中に痛いというデメリットがあります。

 

レーザー脱毛を検討している場合は、痛みがどの程度なのかを事前にクリニックにしっかりと相談して施術に対して疑問点を残さないことが重要です。

 

光脱毛は、レーザー脱毛と違って資格不要でエステなどで中心に行われていますので出力が弱く設定されています。
その為、レーザー脱毛に比べて脱毛効果が弱いのが特徴です。

 

資格が必要な医療レーザー脱毛が家庭用脱毛器として発売されることはありませんので、、時間や場所を気にせず、コストパフォーマンスに優れた家庭用脱毛器が欲しいと考えた場合は、光脱毛で優れている商品を選ぶことが得策だと言えるのではないでしょうか。
家庭用脱毛器としてレーザー脱毛が可能な機種は、もちろん出力が弱くしてあります。

 

出力が弱すぎる光脱毛器をいくら使おうと効果がほとんどありませんので、口コミなどをしっかりと確認して効果を実感している人が多い商品を選ぶのもよいでしょう。
また、照射範囲は狭いところも広いところもにも対応できた方が部位によって使いやすくなりますので、ケノンのようにカートリッジが交換できるタイプが理想です。
交換出来ない場合は、大きすぎて細かい部位が出来なくなってしまったり、小さすぎて広い面積の脱毛に時間が掛かってしまうなんてこともありますよ。

 

 

ケノンは光脱毛器で日本最高峰の照射範囲と出力を実現していて、様々な部位に対応できるようにカートリッジの交換できる家庭用脱毛器なので、長年にわたり人気商品であり続けているのかもしれませんね。

 

「ケノンをお得に購入する為にはどうしたら良いのか?」とお考えでしたら、トップページから詳細を確認にしてみて下さい。
楽天などのケノンの購入先を徹底的に比較してますので、きっと悩み解決に役に立ちます。